ミニ 四 駆 超速 グランプリ まとめ。 「ミニ四駆 超速グランプリ」の最強セッティングのカスタム方法

【ミニ四駆超速グランプリ】ガチャ演出・確定パターンまとめ

ミニ 四 駆 超速 グランプリ まとめ

場合によってはおまかせでは選択されないが、ステータスならびにタイムが上昇する……といったパーツが埋もれているかもしれないぞ。 この数値が増えれば増えるほど、コーナーの多いコースではスピードが落ちてしまい、総合評価で大きく上回っていたとしても、レースでは僅差で敗北してしまうなんてことも発生する。 そのため、序盤はフロントにのみローラーをセッティングし、サイドやリヤ、ウイングローラーへのローラーはコースアウトを経験してからセッティングするといった形で対応していこう。 こういう場合は値の少ないパーツをセットするとタイムも変化してくるぞ。 ショップは毎日欠かさずチェックしよう 本作では、パーツの有無がレースの勝敗に大きく関わってくる。 そこで活躍するのがゲーム内通貨でパーツ購入が可能なショップだ。 中でもアクセサリーはスピード上昇にひと役買うパーツも多々あるため、ショップで見かけたら積極的に購入してみよう。 アクセサリーはショップの下のほうに配置されているので、スクロールして欠かさずチェックしよう。 この改造、同じ効果の改造も別枠で行うことができるので、 改造効果が高いもので枠を埋め尽くすのが大事となってくる。 ただし、改造の種類はウデマエLvで徐々に解禁されていくため、まったくレースをしていない状態では、初歩の改造しか行うことができない。 また、一度改造で枠を埋めると、その枠の改造結果を再抽選することは可能だが、 改造そのものを無かったことにする手段は存在しない。 そのため、改造を行う場合はウデマエLvが最低でも10以上になって、初歩から一歩抜けた改造を施せるようになってから実施していこう。 なお、もっとも効果の高い改造はウデマエLv20で解禁されるぞ。

次の

ミニ四駆 超速グランプリ

ミニ 四 駆 超速 グランプリ まとめ

神速フェスが開催! 目玉パーツは「プロトセイバーEVO」! シャーシ選びで悩んでいる方は参考にしてください。 シャーシはどれを選ぶべき? 基本はタイプ2or3がおすすめ 基本的には、スラストが低く、ストレートへの適性が高いタイプ2、3のシャーシがおすすめとなります。 どちらも他のシャーシに比べて速く走れるので、序盤などはこの2つのどちらかのシャーシが良いでしょう。 コース適性によっては他のシャーシもあり 基本はタイプ2、3が早くてお勧めではありますが、コースアウトしやすいコースの場合は、多少スピードを捨てても安定するシャーシを選ばなければ完走自体が難しいこともあります。 うまく走りきれない場合は他のシャーシへの切り替えも考えましょう。 FMボディはFMシャーシしか使えない FMボディをセッティングするためには、FMシャーシを使用しなければならず、また、FMシャーシを使っている場合はFMボディ以外のボディがセットできなくなります。 FMシャーシを選ぶかどうかは、所持しているFMボディとセットで考えて決めましょう。 スラスト角に注意 ある程度慣れてきたら、シャーシに設定されているスキルの数値「スラスト角」にも注意するようにしましょう。 スラスト角は、数字が大きいほど コーナーでのコースアウト防止効果と 減速効果を発揮するので、シャーシ選びの際に重要になってきます。 なお、フロントにローラーを装着していないと効果がない点は注意が必要です。 スラスト角は、フロントステーにも設定されていて、マシン全体では合計値で判定されます。 コースによってシャーシとフロントステーをうまく組み合わせて、ベストなスラストになるように調整を行いましょう。 シャーシ タイプ1 タイプ2 タイプ3 FM ゼロ スーパー1 スーパーFM スーパーTZ スラスト角 1. 00 5. 00 8. ステーにも同様の改造が追加されています。 スラスト角の減少は、元のスラストが大きいほど効果を発揮しますが、それなら 基本的に低スラストのシャーシを使った方が良いので、改造優先度はあまり高くありません。 これにより、わざわざスラスト低下改造をしなくてもスラストを0にできるようになりました。 これにより、 改造でスラストを下げる意味が薄くなったので、他の改造を施したシャーシが揃ったときに、使い分けとして用意するか、アッパーステーがない際の応急処置の改造として使用するのが基本となります。 なお、 スラストは0以下にならない 診断画面で確認 ようなので、スラスト1のシャーシにはスラスト低下改造をする意味はほとんどないと言えるでしょう。 余裕が出てきてもこの改造をするのは、FMシャーシやゼロシャーシが基本となります。 0となっています。 使うコースによって行うべき改造も変わってくる シャーシの改造は、幅が広いため、どのようなコースで使うことを想定して改造を変える必要があります。 改造は一度行うと変更できないので、一気に改造はせず、他のパーツとの組み合わせも考えながら1つずつ改造を行なっていきましょう。 限界軽量化はより軽くなる代わりにスタミナが下がってしまいます。 ギヤ位置の調整もおすすめ パワーとギヤ負荷の改造である位置調整もおすすめです。 パワーを上げるので、少しでもパワーを抑えたい時は避けた方が良いですが、無難に優秀な改造と言えます。 制振は効果が薄い? 今後のバランス調整にもよりますが、少しでもバウンドを抑えたい場合や、 コーナー安定の方を上げたい場合でなければ優先度は低めです。 剛性補強をするならスーパー1強化シャーシ 剛性補強は、強化が元のスタミナの値に依存します。 そのため、この改造を施すならスーパー1強化シャーシのような元のスタミナが高いものが良いでしょう。 ただ、スーパー1強化シャーシのスタミナをさらに上げたいような場面は現状ではあまりありません。 スーパー1を持っていない場合の代用パーツ作成に使うのも良いでしょう。 シャーシ毎のおすすめ改造は? シャーシを改造する場合は、スラスト毎にシャーシの特徴を伸ばすような改造がおすすめです。 以下で現在実装しているシャーシ同士を比べた場合の特徴とおすすめの改造を紹介しています。 全てのパーツに言えることですが、様々な改造を施したものをコース毎に使い分けるのが理想となります。 タイプ1 パワーとスタミナが高いので、それぞれを伸ばす改造がおすすめ。 他のシャーシより出番は少なめ。 FM FMでスラスト5は現状これしかないので、各種揃えたい。 ただ、そもそもFMの出番が少ない。 FMでスラスト0にしたい場合はスラスト低下もあり スーパー1 スラスト8の基本となるシャーシ。 スーパー1強化 強みであるスタミナ、コーナー安定を上げたい。 スーパーFM FMでスラスト8は現状これしかないので、スラスト低下以外の各種揃えたい。 ただ、そもそもFMの出番が少ない。 スーパーTZ 特徴であるスピードを伸ばしたいので、軽量系の改造からがおすすめ。 ゼロ 現状RM唯一のスラスト5。 各種改造を揃えたいが、スピードを伸ばすものからがおすすめ。 超速グランプリの関連記事 2020年6月期の所感 単純な速さは基本的にスラスト角が低くパワーがあるシャーシになる、よってタイプ3が該当するので取り敢えずはこれを育てておけばいい。 改造はギア負荷、パワーが上がる改造がベスト、軽量化については好み。 ただ、タイプ3はローラーのスラスト角が低い事からテクニカルコースではコーナー等で速度落としにくくCOする可能性もあるので、余裕が出たらゼロやスーパーの様なスラスト角があるシャーシも用意したほうがいい。 またスピード系改造は罠と言われていたが、最近の超速グランプリはパワーを上げたマシンがダッシュ性能の良さが災いしてスピードを落として入りたいセクションに高速で突っ込んでしまいコースアウトするコースが増えてきたので、ダッシュ性能を落としつつ安定したストレートのみで速度を稼ぐために敢えてスピード改造のみのシャーシを準備するのは選択肢の一つとなる。 こちらは上のシャーシを用意できて更に余裕が有ればと言うレベル。 制振は役立たずよ….

次の

【ミニ四駆超速グランプリ】ガチャ演出・確定パターンまとめ

ミニ 四 駆 超速 グランプリ まとめ

神速フェスが開催! 目玉パーツは「プロトセイバーEVO」! また、インストール・ダウンロードリンクも設置しているので、これからゲームプレイを開始される方はぜひ活用ください。 超速グランプリのガチャ仕様について チュートリアルで引き直し10連が引ける ミニ四駆 超速グランプリではチュートリアル内に引き直し10連が用意されています。 しかし、 ここでは星4が排出されないので注意。 需要の高いパーツや、初期で所持していないアクセサリー等を狙うのが良いでしょう。 虹のコイン スターコイン でガシャを回す 事前登録報酬など虹コイン スターコイン を入手できます。 開催ガシャは期間によって異なりますが、引くべきおすすめガシャは下記リンク先の記事で紹介しています。 ガチャ演出が多数用意されている ガチャ演出も多数用意されています。 リセマラの際は必ず飛ばしていきましょう。 ここでのスキップはできないようです。 チュートリアル中に、3台の中から好きなマシンを選べますが、大きな差はない 後で確保もできる ので自分の好きなものを選びましょう。 2台目、3台目の獲得方法が気になる方は以下の記事をご覧ください。 ここでの最高レアの排出はありません。 ガチャを引ける回数は、そのタイミングで開催しているガチャ筐体や、キャンペーンなどによって異なります。 リセマラ当たりと狙いパーツ チュートリアル引き直し10連で狙うべきパーツは? チュートリアル10連で欲しいパーツ 特に確保しておきたいパーツ 合わせて確保したいパーツ スーパーカウンターギヤ ギヤ 小径ナローワンウェイ ホイール 丸穴ボールベアリング アクセサリー など。 その他アクセサリー関連 好みのボディを狙うもありですが、性能面を考慮するならまずは 「ゴールドターミナル」を確保しておくのがおすすめです。 ここで頑張って厳選しても良いですが、排出されるのは星3パーツのみで、後々たくさんGETできるチケットガチャからも排出される為、そこまで時間をかける必要は有ません。 開催されているガチャの詳細については、下記リンク先の記事を参考にしてみてください。 ガチャでの狙いと終了ラインは? まず前提として、超速グランプリのリセマラは 所要時間が少し長めです。 あまり厳選しすぎるととてつもない時間がかかる可能性もあるので、終了ラインは甘めでも良いでしょう。 ザックリとして基準は下記の通り。 重要なパーツであるモーターもショップで購入することもできるので、最悪リセマラなしで進めてもゲーム進行にそこまで影響はありません。 また、進めていく中でガチャチケットが大量に獲得でき、後々ガチャでパーツを揃えていくこともできます。 強力なパーツがPUされている時でなければ、ゲームを早く始めて、良いパーツが出た時にガシャが回せるように、ログインボーナスのスターコインなどを貯めておくのが良いでしょう。 リセマラ後の注意点 モーター以外の改造は慎重に マシン性能をい上げるための要素「改造」は やり直しができません。 改造内容を失敗すると、折角リセマラで引いた優秀なパーツも、使い物にならなくなってしまう可能性があります。 改造を行う際は、ショップでコインと交換できることがあり、改造の影響が大きく出るモーターに行い、他のパーツへの改造はゲームに慣れてきて、自分のマシンの方向性が決まってきてからにすると良いでしょう。 課金などの入手ルートもありますが、無駄遣いできるアイテムではないので、ある程度ゲームに慣れて、使うべきパーツが見極められるようになってから使用するようにしましょう。 ショップを更新せずに交換できる量ではすぐ足りなくなるので、ウデマエの低いうちから強化キットはためておくと良いでしょう。 特に消費量の多い強化キットAは優先的にためておくと良いでしょう。 その他のキットは、よく改造するパーツによって足りないものが変わってきます。 ライターはD, Fが足りなくなることが多いです。 また、交換に使用するコインも、キャンペーンなどで一時的に所持量が多くなることはありますが、すぐに足りなくなります。 メダル集め式のイベントステージではコインのドロップ効率が良いので、開催していたら積極的に参加しましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前• このゲームはウデマエが上がれば上がるほどコインやガチャチケット等のリソースが手に入りにくくなってくるので、最初のうちに必須級のパーツは入手しておきたいです。 なので最初にリソースなしで引けるゴールドターミナルは必ず取って始めましょう。 その上で、超速ギアやソフトブレーキ等の必須級パーツのピックアップに向けて虹コインを貯めておきましょう。 あと、パーツの改造はしっかり調べてから行いましょう(特にガチャ限定パーツ)。 変な改造をすると後悔します。 ウデマエ20までは無改造でもいいですがどこかで詰まるので、そのパーツの最終形を見据えてから改造しましょう。 現行の環境だとホイールやタイヤ、シャーシについてはウデマエ1から行えるものでも最速となる改造があります。 面倒くさい場合はだいたいパワーロスに振っておけばいいです。 再改造は極論ウデマエ50まで考えなくてもいいです(ウデマエが上がるにつれて成功確率が1%ずつ上がっていくため).

次の